よくある質問

2013年4月13日 土曜日

冷やす時期と温める時期

よく来院された患者さんにこれは温めたらいいの?
とか冷やしたほうがいいの?と質問されることがよくあります。

そこで今回はこの質問に答えて行きたいと思います。
まず冷やす時期はけがや痛みが起こると体の組織細胞が破壊されているので炎症反応が起こります。
炎症反応とは、痛み、腫れ、赤味などの症状のことです。その炎症を冷やすことによって抑えていきます。

アイシングは氷を入れたアイスパック、氷水、氷で直接冷やすのが一番です。
冷やす時間は20分ぐらいが良いと思います。患部の感覚が少しなくなるまで冷やしてください。

20分までに感覚がなくなればそこでアイシングをやめてください。

炎症が治まって来る時期はしっかり冷やせていれば大体72時間くらいで落ち着いてきます。
ここまではしっかりと冷やしてもらわないといけない時期です。

炎症が治まれば次に組織の修復をしなければなりません。
ここからが温める時期です。

組織の修復に必要となるのが「血液」です。
血液には組織の修復に必要なエネルギーや栄養がたくさん入っています。

なので血液をより多く流してあげるために温めてあげて血流を良くしてたくさんの血液を運んであげなければいけないんです。
その血液を多く運んであげることによって損傷した組織はより治るのが早くなっていきます。

適切な処置を行うことにより早く痛みも引いて楽になれると思います。
冷やす時期、温める時期がこれを読んで少しでもわかってもらえたらなと思います。






◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
きょうばし鍼灸整骨院
〒536-0014 大阪市城東区鴫野西1-8-31
TEL 06-6963-3636
FAX
受付時間 平日 9:00~13:00 15:00~20:00
       土曜 9:00~13:00 15:30~18:30
                       ※土曜日の午後は予約制
       日祝休み
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

投稿者 きょうばし鍼灸整骨院 | 記事URL

2013年2月20日 水曜日

よくある質問をご紹介していきます。

お客様から頂いたご質問にお答えしていきます。
宜しくお願い致します。

投稿者 きょうばし鍼灸整骨院 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ