ホーム > 胸部の痛み・腫れについて

胸部の痛み・腫れについて

胸部の痛み・腫れについて

胸部の痛み・腫れについて

交通事故が原因で胸部に痛みや腫れを感じるようになった方の中で多いのが、いわゆる「ハンドル外傷」と言われるものです。
ハンドル外傷が起こる原因と致しましては、主に車で正面衝突した際に運転手の方によく起こる症状です。
特に、事故時に運転手の方がシートベルトをしていない場合にぶつかった時の衝撃で身体が前に投げ出され、膝がハンドル下に当たって身体が持ち上がり、フロントガラスに頭部をぶつけて勢いで後ろへ跳ね返って起こるケースが多いと言われております。

ハンドル外傷による怪我
腹部への外傷は肝臓や膵臓及び十二指腸を損傷することが多く見受けられます。
そして、胸部への外傷は、肋骨骨折や肺の損傷などがよくございます。
その他にも頭部をフロントガラスに当ってしまったことで、頭や顔を傷つける方もいらっしゃいます。
近年では、エアバックが充備されておりますので、死亡事故は減ってきておりますが少しでも交通事故による怪我を防ぐ為にも日頃からシートベルトの着用を必ず行うように致しましょう。
ハンドル外傷の処置
ハンドル外傷は、主にアイシングによってしっかりとおさえ固定します。
万が一、打撲や骨折していましたら、整骨院だけでは対応しきれないこともございます。
そのような場合は、当院からも病院のご紹介をさせていただきます。