ホーム > むち打ちについて

むち打ちについて

むち打ちについて

むち打ちについて

交通事故とむち打ち
交通事故が多い近年、その中でもよくある怪我がむち打ちと言われております。
むち打ち症について
「むち打ち症」とは、自動車に追突された際の衝撃によって、首がムチのようにしなることで「むち打ち症」と言われております。
むち打ちの中でも軽症ものから重症のものとありますが、どんなに軽症だったとしても先々後遺症となって発症することもございますので、怪我をしたら早期の治療をオススメ致します。
むち打ち治療の写真

むち打ち症の自覚症状について

むち打ちの中でもよくある自覚症状が、
首の痛み・めまい・頭痛・倦怠感・手足へのしびれ・感覚の麻痺など
の症状がよくございます。
むち打ちもあまりにも重症だと、ふらつきなどの自覚症状が発症することもございます。

むち打ちの分類について

頚椎捻挫型
むち打ちの中でも症例としてよくあるのが、頸椎捻挫型と言われるものでむち打ちの約70%以上となっております。
頸椎捻挫型は、頸椎周辺の筋肉及び靭帯を傷つけてしまうことで、首のまわりに痛みが出てまいります。
症状があまり重いと首などを自由に動かすことが出来ず、動かさないように固定する為、生活に不自由が生まれます。
根症状型
根症状型は、頸椎に歪みが生じ、神経への圧迫が原因となり発症します。
自覚症状として、首や後頭部及び顔面などに痛みが出てきます。
根症状型は、咳やくしゃみをするだけでも痛みが出るでしょう。
バレ・リュウー型
バレ・リュウー型は、むち打ちが原因で内耳の症状が悪くなり発症します。
自覚症状として、耳鳴りやめまい、音が聞きとりづらい、目が見えづらくなるなどの症状が出てまいります。
なかには、心臓に痛みを感じたり、喉に違和感を感じたりと耳鼻咽喉科や眼科への通院も余儀なくされる場合もございます。
脊髄症状型
脊髄症状型は、脊髄や下半身までつながっている神経が傷つくことで下肢に痺れや知覚障害が出てまいります。
また、なかには下肢の痺れが原因で歩行障害を起こす場合もございます。
その他、人によっては尿や便が出づらくなり、「膀胱直腸障害」が起きる場合もございます。
脳髄液減少型
脳髄液減少型は、交通事故の衝撃が原因で髄液が体内に漏れ、髄液が減少することで頭痛、めまい、倦怠感などの症状が出てまいります。
むち打ち症は、怪我の具合に関係なくしっかりと早期に治療を行わないと後遺症が生じてしまい、日常生活に支障をきたす場合がございます。よって、症状が軽いと思っても放置せずに、少しでも早めに相談及び治療を開始することをオススメ致します!