ホーム > 慰謝料は?治療費は?

慰謝料は?治療費は?

慰謝料は?治療費は?
交通事故治療は自賠責保険が適用となりますので、実質0円にて治療を行うことができます!!

交通事故の補償内容について

治療費
治療に関わる各費用(治療、入院、手術、転院にかかる費用など。)
※整骨院で行う治療の費用も含む。
交通費
整骨院や病院などに通う際にかかる交通費の領収書はしっかりと保管するようにして下さい。
次のようなものがあげられます。
・ガソリン代 ・駐車場代 ・タクシー代など
休業損害費
自賠責保険は、5,700円/日が与えられます。
もし対象者となる方が5,700円/日以上の給与をもらっているとしたら、限度額が決められ19,000円が限度額とされた上で規定の算出の仕方にて計算が行われます。
給与所得者
過去3ヵ月の1日平均の収入が基準となります。
事故する前の直近の3ヵ月の収入(基本給+諸手当)÷認定休業日数
アルバイト、パートなどの非正規社員
日給×事故する前の直近の働いた日数÷90日×認定休業日数
認定休業日数は、勤務している会社からの証明が必須となります。
事業所得者
事故する1年前の所得税確定申告所得が対象となり、1日当たりの平均給与を算出します。
専業主婦などの家事従事者
交通事故に遭われた方が専業主婦であり、家事が出来ない程の症状だとしましたら、収入減少と見なされることがございます。
その場合は、5,700円/日を上限額として与えられるようになります。

加害者がいなくても治療費の補償はされます。

「当て逃げ」や「ひき逃げ」をされた事故に遭ったが加害者がいないケースでも国からの補償制度を受けることが出来ます。
よって、加害者がいなかったとしても交通事故治療を受けることが出来るということです。
加害者がいなければ、警察に当て逃げもしくはひき逃げであったことを証明してもらう必要がございます。
そして、自賠責保険を扱っている損保会社に相談をして頂きますと政府の保険事業という形で国からの補償制度を受けることが出来ます。
気になる点がございましたら、当院までお気軽にご相談下さい。

慰謝料について

慰謝料

慰謝料とは、交通事故に遭われた被害者の方が事故の衝撃によって与えられた精神的な苦痛に対して、4,200円/日を限度額として支払われる賠償金のことです。

交通事故治療の受診時は、自賠責保険や任意保険を使うことができますので、患者様にて費用を負担することがございません。
医療機関などの通院時にかかる治療費や交通費などは、休業損害や慰謝料にて賄われます。

また、相手側が保険に入っておらず、交通事故の内容が万が一ひき逃げによるものだったとしても特別に補償される制度もございますので、ご安心下さい。
慰謝料が支払われる対象となる日数については、治療期間と実治療日数によって算出されます。

治療期間
治療を開始した日から治療が終了する日までの日数
実治療日数
実際に治療を行うにあたって通院した日数×2と治療期間の数値が少ない方に対して、4,200円をかけると慰謝料が求められます。
ちなみに慰謝料の2倍が補償される場合は、整形外科と整骨院に通院した場合のみとなります。