ホーム > 頭痛・めまい・吐き気について

頭痛・めまい・吐き気について

頭痛・めまい・吐き気について

交通事故による頭痛・めまい・吐き気

交通事故後、暫く時間がたってから人によっては頭痛やめまい、吐き気と言った症状が発症することがございます。
頭痛、吐き気、めまいなどの症状が起きる大きな原因と言われているのが下記の4つです。

  • ①交通事故による強い衝撃を受け、頭を打った(揺さぶられる)
●生命を第一優先で考える
交通事故に遭った際に一番怖いのが頭部に受ける衝撃でしょう。
事故時の衝撃が軽めだったとしても脳内で出血していることがあったり、外傷性の脳梗塞を引き起こすケースがございますので、すぐにでも相談及び治療を受けていただくことをオススメ致します。
可能であれば、病院で脳の精密検査も同時に受けていただくことをオススメ致します。
●バレ・リュウー症状型により引き起こる症状
「バレ・リュウー症状型」は、交感神経を傷つけてしまったり、頸椎に沿ってる椎骨動脈の血流が低くなってしまい、めまいや吐き気などが生じます。
また、人によっては後頭部や首の後ろ部分に痛みを感じる方がいらっしゃいます。
その他にも心臓に痛みを感じたり、息苦しさや喉に不快感を感じる方もなかにはいらっしゃいます。
●精神的なものかの判断
交通事故が原因で精神的ストレスを感じるようになった方は、主に胃潰瘍や胃炎を発症している方が多くいらっしゃいます。
交通事故の衝撃により、精神的ストレスを覚え胃潰瘍などを発症しますと胃以外の箇所にも悪影響を及ぼすこともございますので、内科などに診ていただくことをオススメ致します。